コンサート企画、制作、演出、うた、朗読など
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2016.09.01 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
トルコ〜ギリシア エーゲ海へ音楽の旅
トルコ〜ギリシア エーゲ海へ音楽の旅
9月19日(金) ¥2000
open/18:30 start/19:30
FJ,s Bar (東横線祐天寺最寄)
40min × 2stages

出演
大平 清/サズ&ウード演奏,歌
イスタンブールとブルサでサズを学ぶ。ウードは常味裕司氏に師事、ブズーキはアテネでヤニス.ブクバラス氏に、ドタールはウメルメメット氏に師事。トルコ大使館主宰コンサート、唐招提寺平成大修理金堂立柱式、ギリシア劇エレクトラ3部作、NHK.BS「ビザンチン帝国」などで演奏。「新オリエント楽派」主宰、トルコ中央アジア文化センター音楽担当講師。

かのうよしこ/アルト,打楽器
青山学院大学史学科日本史専攻、東京藝術大学声楽科卒業。コンサート企画、制作、演出、マネジメント、人材仲介、うた、ヴォーカリーズ、朗読などで活動中。さくら村合奏団、スコラ・カントールム、Duo Dormeuse各メンバー。音楽史研究会会員、たいとう歴史都市研究会会員。現在京都造形芸術大学通信教育部デザイン科ランドスケープデザインコース在籍中。

今西 香菜子/オーボエ・バロックオーボエ
13歳でオーボエを始め、これまでに畑中正子、本間正史、柴山洋に師事。桐朋学園大学及び同研究科卒業。ジョナサン・ケリー、リチャード・ウッドハムス、若尾圭介のマスタークラスを受講。バロック・オーボエを本間正史に師事。在学中現代音楽演奏会「i-contemporary」に出演。2006年ファゴット奏者水間博明と競演。現在指導、室内楽等で活動している。

------------------
大平さんに誘われて、トルコ語やギリシャ語の歌を歌うことになってしまいました…以前トルコものを2曲ほどやったことがあるんですが、独特の節回しと独特のリズムで、新しい世界だなぁという感じでしたが、今回はエーゲ海まで突き進んで、もう全く見たことのない文字とかを歌わなければなりません(笑)まだトルコ語ってちょっとドイツ語とロシア語の間の子みたいな感じなんですけど、ギリシャ語はなぁ…さすがに手をつけたこともない言語なので、戸惑いを隠せません(笑)
ウードやサズ、バロックオーボエなど、普段見慣れない楽器が多いので、そういうの興味のある人にはお勧めです。久々に東京での本番です。是非おいでください♪
【2008.08.13 Wednesday 21:03】 author : かのう よしこ
| Event Log-2008 | comments(0) | - |
木部与巴仁×酒井健吉による室内楽劇「海の幸」
kitara音楽研究所主催
第五回演奏会
2008年8月22日(金)
18時開場/18時30分開演

室内楽劇「海の幸」青木繁に捧ぐ

作曲/酒井健吉 詩/木部与巴仁

於:旧香港上海銀行長崎支店記念館 多目的ホール

長崎市松が枝町4-27
tel:095-827-8746

入場料1000円(全席自由)

出演
朗読/木部与巴仁
アルト/かのうよしこ
ヴァイオリン/戸塚ふみ代
オーボエ/下田梢
ピアノ/岩永宣子
打楽器/福田祥一
電子オルガン/川元慶子


kitara音楽研究所より、ご挨拶
心を豊かに、強くしてくれるもの。優しさを与え、弱くても、そこに美を感じ取らせてくれるもの。それが音楽であり、美術でしょう。kitara音楽研究所の第五回演奏会は、かけがえのない絵を残した画家、青木繁に捧げる室内楽劇「海の幸」を初演致します。福岡県久留米市に生まれた青木は、東京で画家としての活動を始めますが、数年で九州に戻って放浪の日々を送り、福岡で逝去します。わずか29年の生涯でした。しかし彼の人生と作品は、私達後の世の者にとって多くの示唆と刺激を与えてくれます。kitaraならではの音楽様式である室内楽劇により、九州に生まれて死んだ青木繁の一生を歌い、奏でることは、私どもの勤めであろうとさえ思います。ぜひとも、お運びくださいますよう、お願い申し上げます。

****************


…というわけで、7月の那須公演に引き続き、8月は長崎へ旅公演です。
長崎なんて修学旅行以来行っていませんよーーー。でもちょっとわくわくです。旧香港銀行も、とても雰囲気のある建物だそうです。

自分は全く青木繁と関わりが無かったのですが、お話を頂いた時に「あ、遂に九州が来た」って思って、即諾しました。というのも、私の血の半分は博多産だからです。後から聞くに、青木繁は29で博多で逝去したとか。をを丁度今の自分と同世代じゃないの!という偶然も重なり、やっぱり縁があるのねぇと思っているところです。
これを機会に、九州でも呼んでもらえるように頑張ります(笑)。
けんきつくーん! 楽譜待ってるよ!!
【2008.07.13 Sunday 01:39】 author : かのう よしこ
| Event Log-2008 | comments(4) | - |
キャンドルナイトコンサート in那須
「でんきを消してスローな夜を」を合言葉に、NGOが開催する全国的な省エネ運動に、那須のキャンドルハウスシュシュさんも賛同しており、毎年夏至の日の夜は、近くの教会にてキャンドルナイトコンサートを行っています。 
優しいキャンドルの灯りの中で、さまざまな音灯りに酔いしれるひとときです。

キャンドルナイトコンサート 2008

今年で5回目となるシュシュのキャンドルナイトイベント。今回は2日間に分かれて行われます。今年も予約制となり、席が埋まり次第締切とさせて頂きますのでご希望の方はお早めにご予約ください。

1日目/7月7日(月)
会場/二期倶楽部 観季館  約90席
開場/19:30
開演/20:00

2日目/7月8日(火)
会場/那須高原教会 約60席
開場/18:30
開演/19:00

演奏者/
momo椿(accordion duo)
 権頭真由(アコーディオン、オルガン、歌)
 中村大史(アコーディオン、ギター、歌)
Duo Dormeuse(vocal duo)
 かのうよしこ(歌)
 小阪亜矢子(歌)
Marina Ishii(soprano)石井真理奈

主催 キャンドルハウスシュシュ

曲目(予定)
セルミジ:花咲く日々に、美しき森で
武満徹:島へ、小さな空
ラロ:踊りましょう!
シューベルト:アヴェ・マリア
バッハ=グノー:アヴェ・マリア
フォーレ:ラシーヌ賛歌
メンデルスゾーン:「エリア」より天使の三重唱
momo椿:おしゃれTokia、柿のうた〜ざくろ、耳に水をそそぎ


というわけで、呼ばれて飛び出てみました。
明日から那須に行ってきます。
もう二期クラブの方はいっぱいみたいですね…
お近くまでおいでの方は、是非どぞ!
【2008.07.06 Sunday 20:51】 author : かのう よしこ
| Event Log-2008 | comments(0) | - |
根津教会コンサート
音楽の捧げ物〜チャペルコンサート

2008年7月5日(土)
開場18:15/開演18:45

根津教会

文京区根津1-19-6(千代田線根津駅1番出口から徒歩5分程)
入場無料(整理券あり。かのうまでお問い合わせを!)

出演
アルト:かのうよしこ
フラウト・トラベルソ:中野仁礼
バロックバイオリン:河合順子
バロックチェロ:北村貞幸
チェンバロ:酒井絵美子



大正8年竣工の小さい古い教会でコンサートです。
ヘンデルとかバッハとかシューベルトとか歌います。
なんと大学のスクーリングとかぶっちゃったんですよね…これがまた…。
どうなるんだ、自分!

おいでになりたい方は整理券をわたくしに依頼してくださいー。
多分コンサートの後は教会でささやかな会がございますので、そちらも是非に。
【2008.06.13 Friday 00:53】 author : かのう よしこ
| Event Log-2008 | comments(1) | - |
トロッタの会 vol.6
詩と音楽を歌い、奏でる
トロッタの会 vol.6

見えるかしら
天の川の岸に咲く 一輪の花
憶えているでしょう
あなたと別れた あの日
身につけていた衣と同じ
白い色の花 それが私なの

2008年6月8日(日)
15時30分開場/16時開演
会場:スタジオベルカント

西荻窪南口より徒歩7分


酒井健吉『むらさきの』2006
詩:吉行理恵/ソプラノ、ピアノ

田中修一『「大公は死んだ」附・ルネサンス・リュートの為の「鳳舞」』2003
詩:木部与巴仁/朗読、ルネサンスリュート

ファブリチオ・フェスタ『NEBBIE』1997
詩:レオナルド・ダ・ヴィンチ、カルロ・ヴィターリ/ソプラノ、ピアノ

橘川琢『詩歌曲集「恋歌」より 〜夏の歌・ゆめ うつつ・逢瀬〜』2008
詩:木部与巴仁/朗読、アルト、ヴァイオリン、ピアノ

宮崎文香『ほたる』2007
ピアノ

清道洋一『椅子のない映画館』2008
詩:木部与巴仁/朗読、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ

ファブリチオ・フェスタ『HIBAKUSHA』2005
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ

田中修一『田中未知による歌曲』2008
短歌:田中未知/アルト、ルネサンスリュート

酒井健吉『室内楽劇 天の川』2007
詩:木部与巴仁/ソプラノ、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、朗読

出演
赤羽佐東子 ソプラノ
かのうよしこ アルト
戸塚ふみ代 ヴァイオリン
菅原佳奈子 ヴィオラ
對馬藍 チェロ
乃絵羅 ルネサンス・リュート
森川あづさ ピアノ
木部与巴仁 朗読

-------------------
ここの所毎回呼んで頂いているトロッタの会です。
今回は超久しぶりのリュート伴奏、しかも新曲があります!! 田中さんの曲は今回初めてなので、どうなることやらまた楽しみですね。橘川さんの曲も、新たに3曲やらせていただけるようです。
素敵なチラシがありますので、興味のある方には是非差し上げたいです。ご連絡くださいませ〜!
【2008.05.04 Sunday 14:30】 author : かのう よしこ
| Event Log-2008 | comments(0) | - |
水、交わるところ2
水、交わるところ2

芦野で出会う、ということ。
川の流れが出会う場所、
そして幸せな交わりを経て、
また別の道をゆく。

様々なアーティストが出会う場所としての
「芦野」「那須」。
そこに住む人、そこを知る人、
これをきっかけに訪れる人、
それぞれの交わる場所としての拠点。

美術館の豊かな響きを活かした、
さまざまなジャンルのアーティストとの
出会いの場。

2008年5月10日(土)
於:STONE PLAZA 那須芦野・石の美術館
開場18時/開演18時半
入場料:3000円




■神田晋一郎(pf)×外村京子(vn)
2008年1月に発売された、CD発売記念ライブ第二弾!

新作CD、2008年1月25日リリース
『西洋音楽×音樂美學 外村京子・神田晋一郎DUO
        シマノフスキ/ヴァイオリンソナタOp.9 他』(EXAC008)
 
 外村京子(ヴァイオリン) 神田晋一郎(ピアノ・作曲)

 プロコフィエフ:5つのメロディー
 ヴェーベルン :4つの小品
 シマノフスキ :ヴァイオリンソナタOp.9
 神田晋一郎  :Vln.とPf.の即興演奏の為の3つの作品

ディスコグラフィー
http://www.realarts.org/onlineshop/artist_detail/KShinichiro.html

発売記念ライブ一回目は原宿アコスタディオにて2008年2月22日開催。満員御礼にて終了!
昨年秋の当シリーズ出演者神田が、美術館でのライブを非常に楽しみ、今回「是非もう一度あの空間で、外村さんとのライブを!」との強い希望により、企画に再度参加して頂くことになりました。

神田晋一郎HP
http://www007.upp.so-net.ne.jp/ongaku-BIGAKU/


■木蓮
チャンゴ[韓国太鼓]奏者・崔 在哲(チェ ジェチョル)と、ベース・野中陽人、キーボード&篠笛・田中 淳の偶然の出会いから2003年に結成され、ドラム・小林武文、鍵盤奏者・大口俊輔が加わったアジアン・ソウルバンド。

韓国伝統音楽のリズムをベースに、甘く切なくソウルフルな崔の歌声、田中の奏でるお囃子的な和の調子、ファンキーでドライブ感のある野中のベース、Jazz&囃子のグルーヴ感に満ちた小林のドラム、立体的な絵を描くような
大口のピアノ。5人の音要素が融合し、新たな「アジアン・ソウル」の誕生を予感させる独自のサウンドはリズム、ハーモニーの両面でさらなる進化を続けている。2007年9月には主催の野外お祭りイベント「わっしょい’07 伊豆」を成功させ、ますます勢い付いている。

2007年歌舞伎町スターコンテスト 本選出場。
吉祥寺スターパインズカフェでワンマンライブを継続開催中。

木蓮HP
http://mokuren.ciao.jp/

-----------------------------

去年秋に行った、芦野ストーンプラザ公演からはや半年が過ぎてしまいました。今回は前回に引き続き神田晋一郎のピアノ、そしてヴァイオリン外村京子さんのデュオ、更に、わたしがいつもイチオシ!でイベントに協力してもらっているバンド「木蓮」の登場です!

今回も自信をもっておすすめ出来るライブになりますので、是非芦野まで遊びに来て下さい。

そしてなんといっても春は筍!です!!
11日に、前年度と同じく大平かすみ店主による、大平食堂が筍満載でオープン!

関連企画その1
大平食堂@芦野vol.2
〜竹の子と那須の特産物を楽しむ会〜

5月11日(日)←コンサートの翌日です。
11:00〜13:00
於:芦野公民館
会費:1000円

※コンサートと共に大平食堂をご利用になられるお客様に関しての割引もございます。
合計¥4000→¥3500(当日美術館で割引チケットをご購入下さい。)
 
大平食堂に関してのお問い合わせ等は大平かすみさんのブログ「森へつづく道」をチェック!!

関連企画その2
大平家で竹の子堀り
10日、11日共に、大平さん実家でタケノコ掘りができます♪ 無料!
時間もお好きなときに…ということですので、是非興味のある方は大平かすみさんのお父様、功(いさお)さんと一緒に竹の子堀りにでかけましょう♪ もしかして超巨大竹の子に出会えるかも…
連絡先をお教えいたしますので、行きたい!って方はかのうまでご連絡ください!!

今年も芦野でお待ちしておりますので、どうぞいらしてくださいませ!!


主催:かのを工房
お問い合わせ:かのうよしこ
メールアドレス:kano@art.707.to(←@を半角に直して送信してください)
【2008.05.03 Saturday 17:14】 author : かのう よしこ
| Event Log-2008 | comments(0) | - |
Duo Dormeuse 初コンサート

結成4年目にして初の
ドルムーズ企画のコンサートです
愛されても、嫌われても
90分ずっと
デュオ・ドルムーズ


― 花咲く日々に ―

Duo Dormeuse

かのうよしこ 小阪亜矢子



2008年4月19日(土)17:00より
稲荷町 本覚寺にて

東京都台東区松が谷2-8-15
春のプチギフト付きチケット3000円
(ギフトのご用意がございますので、お早めにご予約ください)


共演
笠木晶子(Pf)/神田晋一郎(Pf)/北村貞幸(vc)


予定曲目
セルミジ/花咲く日々に
クープラン/「ルソン・ド・テネーブル」より
フォーレ /金色の涙
サン=サーンス/見えない笛
神田晋一郎/委嘱新作初演
ソロ・ドルムーズのコーナー、他


プロフィール

kanoかのうよしこ
青山学院大学文学部史学科日本史専攻、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。声楽を中巻寛子、長野羊奈子、寺谷千枝子、白井光子、浦野智行の各氏に師事。さくら村合奏団、スコラ・カントールム、各メンバー。La Canor所属。音楽史研究会会員、たいとう歴史都市研究会会員。東京藝術大学剣道部OB会黒門在籍。'08年4月より京都造形芸術大学通信教育部デザイン科ランドスケープデザインコース在籍。



kosaka小阪 亜矢子
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業 東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマ科声楽部門修了。声楽を伊原直子、中村浩子の各氏に師事。第35回フランス音楽コンクール声楽部門第2位。オペラ「ジャンニ・スキッキ」「リゴレット」「魔笛」「ラ・ボエーム」「コシファントゥッテ」出演。演出、字幕翻訳や現代作品初演、多数。コンセールC会員。さくら村合奏団、Palillos、ash、アーツ・カンパニー各メンバー。


チラシデザイン 鈴木春菜
宣材写真 瀬尾朋美(Ubatama
【2008.03.09 Sunday 23:20】 author : かのう よしこ
| Event Log-2008 | comments(5) | trackbacks(0) |
さくら村合奏団 バロック音楽の楽しみ
さくら村合奏団演奏会
バロック音楽の楽しみ

バッハ・ヘンデル・ヴィヴァルディ

2008年3月20日 15:00開場/15:30開演
東京農業大学第一校等学校
3号館4階 物理実験室


というわけで久しぶりのさくら村です。
えーと、初のヘンデルアリア! 結構いい曲!!
難しいけど頑張ります。
あとは小阪とのルソン・ド・テネーブル!
いや、ホント両方久々のバロックで、トレーニング不足が如実に顕われますね〜ははは。まぁ楽しんでやりたいと思います。

曲目
J.S.Bach : Trio C-moll
A.Vivaldi : Sonata a due
G.F.Haendel : Suite "Alcina"/Deutsche Arien
F.Couperin : Lecon de tenebres

さくら村合奏団
声楽

かのうよしこ(alt)
小阪亜矢子(alt)
鈴木美緒(sop)
器楽
中野仁礼(fl, rec)
長竹新(rec)*
永谷陽子(fg)
三瓶裕一(vn)*
井上樹(vn)*
稲垣悠一郎(vn)*
北村貞幸(vc)
井本励二郎(cemb)*
*東京農業大学第一高等学校音楽部
【2008.03.08 Saturday 22:45】 author : かのう よしこ
| Event Log-2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
絵を詠む詩
画家の田村元さんが、谷中ボッサで個展を開きます。トロッタの会などでお世話になっている木部さんが田村さんとお知り合いで、その関係で、会期中に行われる記念ライブに出演させていただけることになりました。うたも歌うし詩も読みます。言葉(詩)と絵と音の幸福な出会い。というわけで、皆様、是非おいで下さいませ。

絵を詠む詩
2008年3月16日(日)19:00開演

料金:ワンオーダー+投げ銭
@喫茶 谷中ボッサ
〒110-0001 東京都台東区谷中6丁目1-27
TEL/FAX 03-3823-5952
URL http://www.yanakabossa.jp
東京メトロ根津駅、JR日暮里駅より徒歩10分。


出演
木部与巴仁(朗読)
かのうよしこ(歌・朗読)
河崎純(cb)


絵画や画家を題材にした詩の朗読です。詩人であり、画家や作曲家でもあったロルカの歌曲の演奏もあります。

------------------

光の調べ 〜田村元 絵画展〜
2008年3月5日(水)〜3月17日(月)
11:30〜20:00 火曜定休
in 喫茶 谷中ボッサ
ご来店の際、ワンオーダーをお願いします。

田村さんのご友人の演奏家たちを描いたものが飾られるとか。楽しみにおいでください♪
【2008.03.03 Monday 01:37】 author : かのう よしこ
| Event Log-2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
08/2/29,08/3/7 杉村香奈&大野奈津美 violin&pianoデュオリサイタル

杉村香奈&大野奈津美
ヴァイオリン・ピアノ デュオリサイタル
〜木の音色を愉しむ〜

親友のヴァイオリニストが久々の帰国でがっつりコンサートをするということで、今回、会場選定から関わらせてもらってます。すごく芯のある、深くて広くてかっこいい音を出す演奏家。ドイツに留学してから大野さんというパートナーと会って、ますます縦横無尽に暴れ回っている様子(笑)。曲目はがっつりクラシックですが、是非興味のある方には聴いて頂きたいデュオなので、ここで紹介させて頂きます。


プロフィール
大野奈津美(Pf.)と杉村香奈(Vn.)の二人が共演するきっかけとなったのは、2006年にハノーファー国際ヴァイオリンコンクールである。世界中の優秀な若手ヴァイオリニストが参加するこのコンクールで、二人は素晴らしいアンサンブルを披露し、見事入賞。その後ユーディ・メニューイン財団‘‘Live Music Now’’オーディション合格。2007年にはイタリア、トリエステでの室内楽コンクール‘‘Premio Trio di Trieste’’で第2位受賞。質の高い演奏は各地で賞賛を集め、その幅広いレパートリーを武器に、現在はドイツを拠点とし、ポーランド、オランダ、イタリアなど欧州各地で演奏活動を展開中である。

杉村 香奈
kana
東京藝術大学付属音楽高等学校を経て同大学卒業。
これまでにチボリ交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、アマデウス・チェンバーオーケストラ等国内外多数オーケストラと共演。在学中に安宅賞、アカンサス賞受賞。また日本音楽コンクール、カネッティ国際コンクール(イタリア、クレモナ)、ハノーファー国際コンクール等多数コンクール優勝、受賞。
これまでにYfrah Neaman、清水高師、塚原るり子、室内楽を松原勝也、Markus Becker各氏に師事する。
東京藝術大学非常勤講師勤務を経て、明治安田クオリティーオブライフ海外研修助成金を受け現在ドイツ、ハノーファーにてKrzysztof Wegrzyn氏に師事。

大野 奈津美
natsumi
愛媛県出身。4歳よりピアノを始める。
東京音楽大学特待生奨学金を得て、同大学付属高等学校、及び同大学ピアノ演奏家コースに学び、鷲見加寿子、野島稔の各氏に師事。卒業後ドイツに渡り、ハノーファー音楽大学にてBernd Goetzke氏に師事するほか、歌曲伴奏をJustus Zeyen,室内楽をMarkus Becker,Hatto Beyerle(元アルバン・ベルク四重奏団ヴィオラ奏者),Dag Jensen,Krzysztof Wegrzynの各氏に学び、現在は主に室内楽奏者として活動している。2003年、第27回スルモナ市国際ピアノコンクール(イタリア)2位。
伴奏助手を経て2007年よりハノーファー音楽大学非常勤講師。


2008年2月29日(金)
18時半開場/19時開演

入場料:3500円
場所:MUSICASA
〒151-0066 東京都渋谷区西原3-33-1
小田急線・東京メトロ千代田線[代々木上原駅]東口より徒歩2分

プログラム
Beethoven:Sonata for violin and piano op.23 a min.
Brahms:Sonata for violin and piano op.108 d min.
Schnittke:Suite in the old style
Grieg:Sonata for violin and piano op.45 c min.



2008年3月7日(金)
18時半開場/19時開演

入場料:3500円
場所:早稲田奉仕園 スコットホール
*高田馬場駅より都バス「学02 早大正門行き」に乗車。
 2つ目のバス停『西早稲田』で下車、徒歩約3分
*東京メトロ早稲田駅から徒歩約5分

プログラム
Britten:Reveille
Corigliano:Sonata for violin and piano
Beethoven:Sonata for violin and piano op.30 No.1 A maj.
Grieg:Sonata for violin and piano op.45 c min.


※プログラムは都合により一部変更の場合もございます。ご了承くださいませ。


プログラムノート
今回のプログラムでは、数多いヴァイオリンとピアノのデュオの曲中でも最も魅惑的な輝きを持つものばかりを選んでいます。ベートーベン、シューベルト、ブラームス、プロコフィエフ、共通するーーまた共通しないーー美と、それに対するアプローチを聞き比べにいらしてください。
現代アメリカ作曲家のコリリヤーノは、まだ日本ではあまり有名でない作曲家ですが、グラミー賞等数々の受賞歴の持ち主で、1998年に公開された映画「レッド・ヴァイオリン」の音楽は非常に有名です。一寸独特な装いを持ったヴァイオリンソナタの生命感あふれる響きは、一聴に値します。是非お楽しみください。


お問い合わせ・予約先
2008.concert@gmail.com
かのうまで予約してくださってもオッケーです☆
会場でお会い致しましょう!
【2008.01.30 Wednesday 00:45】 author : かのう よしこ
| Event Log-2008 | comments(3) | trackbacks(0) |
プロフィール
書いた記事順に表示されます。
コンサートの詳細情報は、
Concert Plans etc...の各項目をクリック!
お問い合わせは「kano♪art.707.to」まで!(♪の代わりに@を入力して下さいネ)