コンサート企画、制作、演出、うた、朗読など
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2016.09.01 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
長池公園芸術祭2010 バロック音楽の散歩道「イギリス民謡集」
去年に引き続き、今年も長池公園自然館で入場無料の気楽なコンサートが開かれます。わたしが参加するコンサートのお知らせ・その2をば。

長池チラシ

バロック音楽の散歩道
「中世フランスの音楽」
「イギリス民謡集」

長池公園自然館ミーティングルーム
八王子市別所2−58 電話:042-678-4616

2010/11/23(火祝)
開演11:00&13:00(同プログラムを2回やります)
入場無料☆

齊藤義雄 コンサート主宰, ヴィオラ・ダ・ガンバ, テノール

********************

というわけで、第2弾はアカペラでイギリス民謡!
グリーンスリーブスくらいは誰でも知ってますが・・・リハしてビックリしたのは、ほたるの光とかも元々イギリス民謡なんですね・・・ほとんど誰でも知ってるような曲が意外や意外的な感じで、そして編曲がオシャレ和音と偽終止と転調しまくりで、なかなか凝った感じのアンサンブルになっておりますよ!!単なる民謡集だと思う無かれ。

まぁ何しろまたまた無料なので、長池公園のゆったりした雰囲気を楽しみ、なおかつちょっと音楽聴いて帰るか・・・くらいのピクニック気分で来て頂ければよいと思いますです。
秋のお散歩に、よろしければお出かけになって下さいね☆
【2010.11.18 Thursday 00:21】 author : かのう よしこ
| Event Log-2010 | comments(0) | - |
コンセール・モロー 第16回定期演奏会



コンセール・モロー 第16回定期演奏会

2010/11/27(sat)
17:00開場 / 17:30開演
同仁キリスト教会
(→地図
東京メトロ有楽町線「護国寺駅」より徒歩10分
入場料:全席自由/800円(→チケット予約)

--------


 昨年度に引き続き、ボイストレーニングを引き受けさせて頂いております、コンセール・モローの定期演奏会です。わたしもアルトの1員として舞台に乗ることになりました。
 プログラムは相変わらずスペインルネサンスばっかり。アマチュアの合唱団は星の数ほどあれど、こんだけマニアックな合唱団もなかなかございません。。。去年も今年も歌ってますが、正直、自分は、なんだかもうどれがどれやらよくわからず、作曲家の名前もよく覚えられない始末であります。。。
というわけで今年のプログラムの一端を・・・↓

・Francisco Guerreroモテット集
   Ave Maria
   Alma Redemptoris
   Beata Dei Genitrix Maria

・Tomas Luis de Victoriaエレミアの哀歌〜聖週間の音楽〜
   Pueri Hebraeorum
   Lamentations Ieremiae Prophetae

などなどなど・・・。詳しくはモローの公式ウェブサイトでご確認頂きたく存じますです。
 ハッキリ言って、どれも知りませんでした。ええもう全然知りませんでしたとも。
 やってみると、しかし、個人的主観ですが、結構曲の構造がハッキリしていて、ほとんど何も指示がないにもかかわらずうまく出来ているので、こうやらんとあかんだろな、という方向性は見えやすい曲が多いです。ルネサンスとはいえ、その辺は発声によるフレージングが肝だったり。
 先日合宿で集中個人練をやった後は、素晴らしい声で全体の音楽構造が奇跡みたいにキマッた美しい時間があったのですが・・・まぁ、忘れちゃうよね(笑)。私個人としてはボイトレの技術に磨きがかかってきております!…実は結構、教えるの得意なのかも…と思ったり。発声で人一倍苦労しただけあって、人の苦労は一通り分かるようです(笑)
 ドンピシャでこのマニアックな世界を覗きたい方は是非どうぞ、ということで。よろしくお願いいたします。
【2010.10.18 Monday 00:15】 author : かのう よしこ
| Event Log-2010 | comments(0) | - |
長池公園芸術祭2010 バロック音楽の散歩道「バロック時代のリュートソング」
去年に引き続き、今年も長池公園自然館で入場無料の気楽なコンサートが開かれます。わたしが参加するコンサートのお知らせ・その1をば。

長池チラシ

バロック音楽の散歩道
「バロック時代のリュートソング」
「ヴィオラ・ダ・ガンバ二重奏    
        〜知られざる響き〜」

長池公園自然館ミーティングルーム
八王子市別所2−58 電話:042-678-4616

2010/10/31(sun)
開演11:00&13:00(2セット別プログラム)
入場無料☆

眞鍋匡 リュート/福田豊 ヴィオラ・ダ・ガンバ/かのうよしこ アルト
齊藤義雄 コンサート主宰, ヴィオラ・ダ・ガンバ, テノール

********************

というわけで、第一弾はリュートソングです。
ダウランドとかヘンデルとか、涙ものに懐かしい定番曲を歌いますです。
まぁ何しろ無料なので、長池公園のゆったりした雰囲気を楽しみ、なおかつちょっと音楽聴いて帰るか・・・くらいのピクニック気分で来て頂ければよいと思いますです。
ガンバ二重奏のマニアックなプログラムも同時開催ですが、コレもわりかし、聴いたことない割には聴きやすいと思いますよ。ガンバの響きは、優しいですから・・・

秋のお散歩の道半ば?で、偶然お会いできるのを楽しみにしております☆

んでもって、わたくし、来月23日にも長池には出没いたします。
そっちはイギリス民謡の有名曲ばかりでアカペラアンサンブル。
またご案内いたしますので、よろしければお出かけになって下さいねん☆
【2010.10.12 Tuesday 00:04】 author : かのう よしこ
| Event Log-2010 | comments(2) | - |
アジア音楽祭2010 in 東京:合唱コンサート「アジアの調べ」
怒濤のような練習日程と怒濤のような本番で、もう先週には過ぎ去ってしまった話ですが、備忘録として。

アジア音楽祭2010 in 東京

第4日目:合唱コンサート「アジアの調べ」
10月4日(月)開演18:30 北とぴあ・さくらホール


Vox humana(ヴォクスマーナ)という、母校のOBが立ち上げた合唱団があります。とにかくやってる曲が難しい!超現代物!!絶対音感もしくはソルフェ能力が無いと絶対に無理なんじゃないか!?という曲ばっかり、バリバリやってのける人たちなワケですが・・・大学時代の同級生が「どうしても人が足りないから手伝って!」と声をかけてくれて、参加させて頂く機会を得ました。

 洪銘健(香港):遊園驚夢
 葉浩堃(香港/英国):鹿柴
 キャロル・ショーティス(ニュージーランド/英国):弔いの歌
 何仲実(シンガポール):生と死
 趙菁文(台湾):銅鑼と太鼓
 内田満開(日本):祈り―南無阿弥陀仏
 ウォン・チーウェイ(マレーシア):マレイの3つの国
 シュミュエル・マーキン(イスラエル):ベン・ゾーマの言葉
 山本純ノ介(日本):無伴奏合唱曲2番 パンタレイ鵺 律の章

全員作曲家は生きている方々。半数以上、演奏会にいらしたのではないかな。
それにしても…難しすぎて、もう何が何だかわからなかったっす…
わたしは途中赤字にした3曲だけのお手伝いでした。

生と死については楽音の担当ではなく、shi----su------という、ほとんど子音だけを紡ぎながら、2人1組で舞台をうごめく役所(こういうのは得意w)。本番当日になってちょっとした演出を加えて、かなり良い雰囲気になってました。現代物はこういう一工夫で途端に聴きやすくなる良い例でした。

太鼓の曲は、アジアの様様な打楽器の音を口で模してやる曲。クラップとか巻き舌とか、もともと私は声楽やるのに必要最低限しか出来ない程度のすっごい不器用さなので、得意な人に変わってもらったり、打楽器の音の減衰がうまくできなかったり・・・もう、すっげ苦労しました・・・最後は楽しかったですが・・・作曲家も可愛い方だったし・・・w

内田さんの曲は、ひたっすら「南無阿弥陀仏」という歌詞で不協和音うごめく朗唱が続いたと思ったら、まるでインプロみたいな音の散らばりがものすごい早さでやってきて、最後急加速の南無阿弥陀仏が4ターンしてカットアウト!という・・・コレも音程がどっちらこっちらいっちゃって本当に大変な曲でした・・・しかもすごいピアニッシッシモでロングトーン南無阿弥陀仏も発声的にも辛かったし・・・

と、とても大変な曲の割に、練習回数は数えるほど。
もーーーーーーー死ぬかと思った。出来なさすぎて胃が痛くなるし・・・ご迷惑かけるだけになっちゃったのではないかと・・・

でもこういう機会を逃さず、現役の人たちの間で歌わせてもらうことってすごい自分にとっては有り難いなと思いました。先輩後輩との接触の機会も有り難かったし・・・

ホント、あの大学に入れたことを、いろんな偶然に感謝した次第。
誘ってくれた同級生と、受け入れて下さった団員の方々に、最大限の感謝を。

また一緒にやれるといいなぁ、とは、おいそれと書けるような難易度ではないのですが・・・・・・・
【2010.10.11 Monday 23:28】 author : かのう よしこ
| Event Log-2010 | comments(0) | - |
Kano++ op.7
うわーーーかのぷらおーぱす6から幾歳経ってしまったのか。。。。。。またまた谷中ボッサさんで、またまた相方小阪の帰国祝い兼ねて、やらせていただくことになりました♪ いつもは2〜3ステージなんですけど、今回は火急なのことなので、1ステのお届けとなります!

Kano++
op.7
谷中ボッサ
special guest 小阪 亜矢子
(メゾソプラノ)
2010/09/04 sat
15:00 start...

kosaka


2人でいろんな曲をやってきましたが、今回は今までよくやってきたフランスルネサンスものをいくつか特集的に歌いたいと思います。といいますのも、フランスの歌詞がいかに「高尚でないか」っていうか「どうでもいいか」…っていうか「くだらねぇwww」か、ということを、より分かり易くお伝えしたいと・・・・・・・・・そんなプロモーションしてどうするんだ俺・・・orz
まぁそんなことをしつつですね、日本語の歌も多少取り混ぜながら、なかなかナマの声をお届けできる機会というのもないんで、そして私も最近なかなか歌う機会もなかったので、こんなことやってるんだねかのー、というのの一端をお伝え出来ればと思っております〜。

場所は皆様ご存じ谷中ボッサです!私が学生時代通い詰めた、いわば故郷とも呼べるカフェ。ごはんもデザートも珈琲も最高に美味しいので、この機会に是非! 千代田線根津駅か、JR日暮里駅から徒歩10分程度です。いつもと同じく、予約等必要無しの投げ銭形式ですので、お気軽にどぞー! みなさまのお顔を久っ々に見られるのを楽しみにしております!
【2010.08.29 Sunday 23:07】 author : かのう よしこ
| Event Log-2010 | comments(0) | - |
リュートの会 グリーンコンサート
リュートの会
グリーンコンサート

2010年4月29日(祝)
聖パウロ女子修道会 聖堂←PDFファイルがDLされます
千代田線 乃木坂駅より徒歩5分
13:30 Open/14:00 Start
入場無料
全プログラムはコチラ

もう6年位のお付き合いになる、リュートの中山早苗さんと2人でリュートソングを歌います。

…で、初の試みでございますが、二人でやった音源をアップしてみました。
「リュート?古楽?なにそれおいしいの?」っていう方は、どんなもんですかね、という雰囲気を掴むつもりくらいで、お気軽にお聴き下さい。。。

ジョン・ダウランドさんより、「Come Again」でしたー。
2004年に出して頂いた時の、リュートの会での演奏ということになります。。。っていうか6年前かよ!!っていう…w まぁあの、なんていうか、初々しい息づかいですねwww ははは(白目)。

今回も、リュートの伴奏で(まぁ、リュートの会、だから当然として)ジョン・ダニエルさんの曲を2曲歌います。誰だよジョン・ダニエル、って思うのは私も同じですw超マイナー。。。
なにしろ無料なので、リュート見てみたい!という方は、いらしてみる価値ありかと☆
上の録音のリュートは「ルネサンスリュート」ですが、他にもバロックリュートやルネサンスギター、ヴィオラ・ダ・ガンバなんかも登場します☆なかなか見る機会も無い方も多いと思いますので、是非どぞ〜!
【2010.04.18 Sunday 02:10】 author : かのう よしこ
| Event Log-2010 | comments(0) | - |
バロック音楽とサンドウィッチ伯爵☆
出逢える音季コンサート
江崎浩司のおいしいサンドイッチのつくり方
〜バロック音楽とサンドウィッチ伯爵〜


4月18日 (日)
開場:14:30/開演:15:00

横浜みなとみらいホール 小ホール
チケット 全席指定3500円
出演
江崎浩司 (リコーダー・バロックオーボエ・指揮・構成)
長久真実子 (チェンバロ)
本多洋子
宮崎蓉子 (ヴァイオリン)
佐藤まり (サンドウィッチ伯爵夫人・演出&脚色)
藤波大 (サンドウィッチ伯爵)

賛助出演:
永谷陽子 (ファゴット)
豊田舞・林未央 (オーボエ)


■第1部:古楽器による、珠玉のバロック音楽 ・ G.F.ヘンデル:ロドリーゴ組曲変ロ長調 HWV5より ・ A.ヴィヴァルディ:リコーダーと2つのヴァイオリンと通奏低音のための協奏曲イ短調 RV108 ・ A・ヴィヴァルディ:ソプラニーノリコーダー協奏曲「ごしきひわ」ニ長調RV90」 ・ 「ごしきひわ」二長調 RV90、他
■第2部:
・ 新音楽劇「おいしいサンドイッチのつくり方」 (江崎浩司 脚本・構成・編曲)
・ G.F.ヘンデル:デッティンゲン・テ・デウム 二長調 HWV283より、他


------------------
第2部に参加させて頂いております〜去年は確かパーセルの音楽を使って新しい劇に仕立ててたと思うんですが、今年はヘンデル!
わたしはアルト(合唱と、リコーダーちょびっと)でのダブル参加です☆

直前のお知らせですが、もし横浜近辺にお住まいだったり、横浜出る用事あるよ!って方は是非遊びに来て下さい☆特に第二部は、お子さん連れでも楽しめること間違いなし!の、音楽劇です。 私にメール頂ければ、チケットのお値段をちょっとサーヴィス☆できますので、ご連絡くださいませ〜。
【2010.04.17 Saturday 23:20】 author : かのう よしこ
| Event Log-2010 | comments(0) | - |
Kano++ op.6
かのぷらおーぱす5.5から半年経ってしまいました…なんてこったい。。。またまた谷中ボッサさんで、相方小阪の帰国祝い兼ねて、2ステージやらせていただくことになりました♪

Kano++
op.6
谷中ボッサ
special guest 小阪 亜矢子
(メゾソプラノ)
2010/02/28 sun
15:00/17:00 start...

kosaka

なんと今年初めてのかのぷらとなりました。。。しかも1週間前告知って。。。すみませんすみません。。。
相変わらずのアカペラ二重唱ばっかりですが、今回のメニューはこんな感じです↓(特殊文字は色々出ておりません。。。)

C. de Sermisy Tant que vivray
Z.Kodály 33 Ketszolamu Enekgyakorlat No.9
G.Nadaud 16 petits duos vocaux(No.8, 10, 14)
C.Saint-Saëns Pastoral
& english-folk-songs etc...

セルミジは15世紀後期のルネサンス、英語フォークソングは16世紀だから中世、初登場のナドさんはフランス革命まっただ中の19世紀前半、コダーイは19世紀後半で、サン=サーンスは20世紀…と、ちょっとづつですがいろーんな国のいろんな時代の曲をお届け、と相成りました。フランス帰りの小阪と一緒にやるので、いきおい、フランスものが多いのではありますが。。。そしてフランスはデュオの国?なのか、その手の楽譜が結構あるみたいなんですよねー。もちろん、恒例の、現代日本人作曲家の曲もいくつかやる予定〜♪

場所は皆様ご存じ谷中ボッサです!相変わらずごはんもデザートも珈琲も最高に美味しいので、この機会に是非! 千代田線根津駅か、JR日暮里駅から徒歩10分程度です。いつもと同じく、予約等必要無しの投げ銭形式ですので、お気軽にどぞー! みなさまのお顔を久々に見られるのを楽しみにしております!
【2010.02.22 Monday 00:31】 author : かのう よしこ
| Event Log-2010 | comments(0) | - |
新春チャンゴウォーク’祭り

日時:2010年1月1日(元旦)14:00 会場 / 15:00 開始
会場:吉祥寺スターパインズカフェ

新春チャンゴウォーク’祭り


料金:2500円(+1ドリンクオーダー)
 ※小学生 500円(+1ドリンクオーダー)(小学生未満はドリンク代のみ頂く場合がございます。)
出演:チェ ジェチョル(チャンゴ、唄、ギター)、野中陽人(ベース)、山田貴之(お囃子)、内野公紀(映像)、and スペシャルゲストあり

畳敷きのライブハウスで新年会やります!
09年夏、東海道五十三次をチャンゴを叩いて歩き通したチェ ジェチョルの感動のライブ、そして旅道中を記録したうっちーの映像を、酒の肴にして元旦を一緒に祝いましょう!!!
スペシャルゲストを迎えて、新年早々、わいわいやってみます〜
ライブハウスに普段来れない子供連れの方も、是非是非あそびに来て下さい。

チェ ジェチョル
アジアンソウルバンド:木蓮HP

--------------------

というわけで、突然電話があったチェ君に「あたしも歌わせて!」とお願いしましたwww ひでぇw ライブハウスに畳を敷いて、お正月をみんなで楽しんじゃいましょう!という粋な企画、今年二年目です☆ お子さんをお持ちの皆様も是非〜! ほんと、一緒に楽しむには最高のバンドです。
踊りくるうも良し、飲みまくるも良し、食べまくるもよし、音楽やリズムに意識をまかせるもよし!
2010年もいい年にするぞ♪
お待ちしております!!
【2009.12.02 Wednesday 17:00】 author : かのう よしこ
| Event Log-2010 | comments(0) | - |
プロフィール
書いた記事順に表示されます。
コンサートの詳細情報は、
Concert Plans etc...の各項目をクリック!
お問い合わせは「kano♪art.707.to」まで!(♪の代わりに@を入力して下さいネ)